空のこのごろ

月曜日にやっと冷蔵庫が届き
無事、普通の生活が送れるようになりました。

ところで最近、母はとっても寝苦しい夜が続いております。
なぜなら、大きな体の息子が
母の上で寝るようになってしまったから・・・。

寒いからなのか、やたらと私の足の上で寝ています。
前は、くっついて寝ることなんて、なかったけど・・・。

夜中にとーさんのところで寝てみたりもしていたのに
最近はずっと私のところにいるみたい。
(すぐに寝てしまうので、わかりませんが)

ブリーダーさんが、
”最初、赤ちゃんのうちはやはりお母さんを好むけど
1歳ぐらいになったら、家の主が誰だかわかるから
お父さんのそばでずっと眠るようになりますよ。”といっていたけど。

・・・・・・・・・・・・・・・・。

やはり、かかあ天下、ってことなのかしら?
それとも、私がとーさんをたてていないということ?

昨夜は、ふとんに横になって、”空、おいで~”っていうと
素直に入ってきて、すーすー寝出しました。
かわいい~~って思った。
ふとんに入ってきたのは初めてだったから
とっても嬉しかったです。

ただ、頭からつっこんできて、そのまま寝たので
私の顔面アップで、空のおしりがあったけど。

出られたらさみしいので
ちゃんと空の頭は布団から出してあげました。

でもやっぱり夜中には布団の上にいて
寝苦しさで目が覚めました。
足の上に、38kgの重みがかかるので
腰が痛くなって、目が覚めます。

くっついて寝てくれるのはうれしいし
かといって、寝苦しいのもなんとも・・・。
悩むところです。
ダブルの敷き布団も買ってこないといけないようです。





そして、散歩が苦手だった空ですが
相変わらず、家(マンション)の周りは
やはり、あまり歩きたがらないようですが
保育園に行って歩く、田んぼ道のお散歩は
大好きになったようです。

においをクンクンかいでみたり
ダッシュしたり、と
決してほめられる散歩の仕方ではないのですが
わたしにとっては、十分嬉しいことです。
それでもいい、と思っています。

車が絶対に通らないから安全なので
このときだけは、フレキシブルリードを使うのですが
しっぽをふりふり、小走りで歩き
後ろを振り返り振り返り、嬉しそうに歩く姿
いつまでもクンクンしていて、
私が離れて行くと、急いで走って追い付いてくる姿
そんな姿を見ているだけで、幸せな気分になれます。

先代犬の散歩をしているときは
私も子供だったし
正直、めんどくさいな、と思う日もありました。

でも今、こうして元気で嬉しそうな空と一緒に歩く時間は
かけがえのない時間なんだと、心から思います。





いつも見ているブログのわんちゃんの訃報の記事を見るたび
お会いしたことないわんちゃんでも
悲しくて胸が張り裂けそうになります。

大切に大切に育てて、十分気をつけていても
病気になったりする子もいて
その一方で、10歳を超えて元気でいられるのに
飼育放棄される子もいて・・・。

せっかく元気で長生きできているのに
どうしてこんな悲しい目に合わないといけないのか・・・と悲しくなります。

それでも、空でさえ、親に預けて見てもらっている私は
そういう子の里親になる勇気が出ずにいます。
空の弟か妹を迎えるつもりなら
そういう子にこそ、手を差し伸べるべきなのですが・・・。

矛盾したこと言ってますね、私。





なんだかまとまりのない内容になってしまったけど
応援クリック ↓ していただけると
とっても嬉しいです。
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-02-02 17:19 |