先生の結論が出たそうです

月曜日の夕方
脱臼を診察してもらった高松の病院の先生から、電話がありました。
とうとう、先生の結論が出たようです・・・。

”レントゲン写真を見て、ほかの(病院の)先生とも相談してみるので
しばらく待っていてください”
と言われていました。

今の空の様子を聞いてくれて、うんうん、とおっしゃった後

”ひざの脱臼の手術だけでよいかも知れませんが
やはり、骨を切ることも視野に入れての手術になると思います。”
とのことでした。

やはり、骨切り・・・それはどうしても避けたいことでした。

"飼い主さんとしては、どのようなお考えですか?”
と聞かれたので、正直に
 "最終的には手術も覚悟はしていますが
今は・・・したくないんです・・・” と答えました。

先生は、否定するでもなく、やはり、”うんうん”と言っていました。

"ダイエットも頑張っています。
散歩もすこしずつ距離も伸ばして行ってます” と言うと

”じゃあ・・・もし、状態が悪くなるようだったら
すぐに連れてきてもらえますか?” とのことでした。

ほっとしました・・・。

"筋肉のつけ方が良く分らないのですが・・・” というと

ひざの屈伸運動のことを教えてくれました。
必ず、入っている状態のときに、と注意されましたが
これは説明を聞いただけで、もし間違っていたらいけないので
実際に病院へ行って、やり方をちゃんと聞いてこようと思います。

散歩もかまいませんよ、と。
(ただし、様子はちゃんと見て)
ジャンプや、ねじりに近い急な方向転換と
走り出したからといって、それを止めようと引っ張らないように気をつけて、とのことでした。

最近は20分ほど歩いています。

診察を受けたときに、結論が出たら電話します、と言われてから
本当に不安でした。
強く手術を勧められたらどうしよう・・・とずっと思っていました。

でも、考えれば考えるほど、手術はしたくない、と思っていたので
先生に考えを受け入れてもらえて、とてもラクになりました。

空の脱臼については
ほんとに、たくさんの方にアドバイスをいただいて、参考にさせていただいたし
泣きたくなるような毎日を、励ましてくださって、ありがたかったです。
ブログを始めてから、何かにつけ教わることもたくさんあって
始めて良かった、って思うことばかりだったけど
今回ほど、ブログの良さを感じたのは初めてでした。

心よりお礼を申し上げます。

落ち込んでしまう私を明るく、そして力強く励ましてくださいました。
整形に強い病院を紹介してくださった方々もいらっしゃいました。
ご自分ちのわんちゃんのあんよが弱いからと親身になってくださったり
サプリの紹介をしてくださったり・・・。

お会いしたことのある兄弟ゴルちゃんのお母さん方
お会いしたこともないのに、我がことのように心配してくださったお母さん方

皆さんに心より感謝いたします。

空の足は、決して良くなったわけではないけど
とりあえず一段落ついた気がしました。

必死で走らせないように(ひっぱりはしないけど)我慢させてたけど
先生に、走りだすのを無理に止めてはいけない、と聞いて
急に、長く速く走らせなければ大丈夫かな?と思って
今朝はタタっと走り出した時に、止めずにいっしょに駆けだしました。

空も自分で分かってるのか?もしかしたら痛いのかもしれないけど
ほんの少しだけ走って、また歩き出しました。

そんなほんのちょっとのことでしたが
久しぶりに走る空の姿を見て、うるっとしてしまいました。
どうかどうか・・・これ以上悪くなりませんように・・・と祈る気持ちでいっぱいです。

散歩中の空の写真はなかなかうまく撮れません・・・。
今朝、目覚めたら、空を抱きしめて眠るとーさんと空が見えました。
なんとも幸せそうなふたりです。
とーさんも空も、微笑みながら寝ていますよ♪
b0206300_16273731.jpg

b0206300_16275815.jpg




自分では、
空、だいぶん細くなったんじゃないかな~と思っている
能天気なかーさんに
応援クリック ↓ お願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-04-06 16:36 |