手術に向けて・・・

空の手術をすることに決めて、
まずは、病院をどこにしようか、と。

空の脱臼のことがわかったとき、
みなさんがいろいろな病院の情報を教えてくださいました。

ネットでも調べてみたりしてみましたが
どの病院も素晴らしいところばかりでした。

迷ったけど・・・決めました。

教えてくださった皆さんのお気持ちを考えると
病院名をここに出すのは・・・なので、どこにしたのかは
あえて、ふせることにします。
すみません。

でも、今後、診察や手術のことに関しては
アップしていくつもりですので
また、よろしければ読んでいただけたら・・・と思います。




よくよく考え、まず行ってみようという病院を決め
予約をした方がいいものかどうかと思い
受付時間を待って、電話してみました。

先生はもう、診察に入られているとのことで
後ほど電話をくれる、ということになりました。

午後になって、先生から電話がありました。
とても穏やかな、優しそうなお人柄を思わせる声と話し方の印象的な先生でした。

まずは、今の空の状況を聞かせてください、歩けていますか?と聞かれました。
自分なりに、今の状況を話していて、
電話でもじっくり聞いてくれているのも分かって
冷静に話そうと思っているのに
何度も、声が詰まってしまいました・・・。

話している途中で、もうすでに
この先生を信じてまかせよう、と心から思っていました。

先生の言うことには、
まずは、どういうレントゲンを撮っているかです、とのことでした。
先日撮ったレントゲンのCDなりをもらっていますか?と聞かれましたが
それはもらってはいないし、ほかの病院に行くために写真を渡してほしい、とも言いにくい、と言いました。

”そうですね、じゃあ、いいですよ”と笑っておられました。

先生のおっしゃったことを、大まかに書きます。

レントゲンの撮り方によって、骨の変形があるように見えてしまうことはよくあることで
それは、教科書どおりの旧式(言葉を気にして言いづらそうでした)の撮り方をしている場合が多い。
そうすることによって、骨切り、という結論になることが多いが
撮影の仕方によるものなので、十分に注意しないといけない。
そういうことをずっと訴えてきているが、やはりそのやり方をしている場合が多いので
その教科書の中身を、書き換えました(先生が)と。
なので、撮ってもらったレントゲンがあると、それがどういう写し方をしたのかわかるらしいです。
もう1度、きちんとレントゲンを撮ってみないことには何とも言えないけど
骨の変形があって、骨切りをする必要があるかどうか・・・とのことでした。

もしかしたら、骨を切るなんてことはしなくてもいいかもしれません。
そうであってほしい!
遠くから来ることもあって、道順の心配まで気にして下さって
"時間もそんなに気にしないでくださいね。午前中は9時から12時までとなっていますが
12時から1時ぐらいでもかまいませんから・・・”と言ってくださいました。

改めてレントゲンを撮ってもらっても、やはり骨の変形が認められるかも知れません・・・。
でも、そうでない可能性がある、と聞いただけで、ずいぶん気持ちがラクになりました。

ここ2,3日の空の状態はよくありません。
気持ちがしっかりしてるときは走っても外れないのですが
ぼんやり歩いてたりすると、外れるようです。
そして、関係あるのかどうかわかりませんが・・・
いったいどうしたんだろう、と思うぐらい外れるときは
必ずそのあとに雨が降ります。
これは、2,3回まえの雨のときに気づきました。
膝が悪い方とかが、"雨の前になると関節が痛む”とおっしゃるのをよく聞きますが
空の足にもなにか関係があるのでしょうか?
わからないけど、不思議とそうなんです。
天気がいいと思っていても降りだしたり・・・。
そんなときは、雨が降るなんて思ってもなくても
朝からよく外れています。

来週の月曜日に行ってきます。
そのあいだ、あいちゃんは、じぃばぁが預かってくれますので
心配いらなくなりました。
病院大っきらいの空だけど
とーさんとかーさんと車でおでかけ、久しぶりに一人っ子、っていうことで
喜んだりするのかな?

でも、きっと、わんこにもやさしい先生のはず!!

だいぶ気持ちも明るく、本当に前向きになりました。




昨日、ワクチン注射のために病院にいったら
37.65kgでした!!
久々の37kg台(涙)
2か月ちょっとで2.85kg痩せました!
ダイエットを頑張っている空に
応援クリック ↓ よろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-05-10 15:05 |