昨日の診察

昨日は携帯からのアップだったので
改めて詳細を書いておきたいと思います。

午前の診察が終わった1時に、ということでしたので
待つこともなく診ていただけました。

先生は空が歩いてるのを見てすぐに調べてくれて
"関節液がたまっていますね・・・”とおっしゃいました。

手術後の説明のときに、関節液がたまっている場合、
抜いたらまたすぐにたまることが多いので、と言われていたのですが
先生の表情があまり・・・なので、ちょっと不安が・・・。

抜いた関節液を、検査に出すことになりました。

針を刺すと・・・まるで血のような、でも血よりは薄くて、もう少し茶っぽい?黄っぽい?
色をした液が・・・
"手術で開けたときに、ぶわっと出てきたのも、こんな色してて・・・
普通は関節液は無色なんですが・・・”と。

大きなシリンジだったんですけど・・・
直径3センチぐらい、それに長さで言うと12~3センチは抜き取っていたので
結構たまっていた、というのがわかりました。

歩くのも、先生が退院OKと言ってくださったときは
右足左足、同じように着いて、体重もかけて歩けていたそうで
今、右足をあげていたり、びっこをひいているのが驚きだったようです。

"金曜日に退院したときは、三本脚でしか歩いていない状態でしたが・・・”というと
じゃあ、火曜日以降、関節液がたまってしまったのかな、と言っていました。

とにかく、検査結果待ちです。

皮膚に詳しい先生、という方もすでにいらしていて
空を見てくださったのですが
相当ひどいと思ってらしたのか
”どこが悪いんですか??”と・・・。

今はエリザベスカラーをしているから我慢をしているけど
外すと狂ったように前足の肉球周辺をガチガチというほどかみます。
なので、かわいそうだけど、結局すぐにカラー装着です。
口の周りもそうとうかゆいらしく、カラーの上から必死でかいています。
痛いであろう右足でまで・・・。
カラーがガンガン言うほどにかくので
夜中も何度も冷たいおしぼりや保冷剤で冷やしてあげるのですが
なかなか寝付けないみたいで・・・。
カラーのせいでかけないのに、左目の周りは赤くなっているし
背中にはフケも浮いてきていて・・・
ストレスのせいも、きっとあると思うのですが・・・
なので、昨日の皮膚の診察も、とても期待していました。

先生は、肉球を診て、”先生(院長先生のことです)、これはステロイド飲まんとあきませんね”と。

この先生(Y先生としましょう)、とってもあっさりしていて・・・(汗)
さほど(期待していたほど)くわしく診ません(汗)
・・・っていうか、よくあるパターンなのでしょうけど、空が。

何らかのアレルギー、アトピーです、と。
アレルギー検査では引っ掛からなかったことを言うと
検査も完ぺきではないですから、と・・・。

アレルギー、アトピーを出されると、もうこっちは何も言えないな、って思いました。
検査でも出ないアレルギー、なんらかによるアトピー・・・
実際そうなんでしょうけど、そう言われると何も言えませんでした、もう・・・。

この子のような子は、ずっとステロイドの調整が必要でしょうね、と。
ただ、ステロイドの量を増やすのではなくて
最終的に、2日に1度、1.5錠ぐらいで落ち着かせておいて
体に影響(副作用)が出ていないか、検査をこまめにする、
シャンプーもノルバサンで1週間に最低1回、指の間は週に2回は必ず
してあげること、と・・・。

でも、今、地元の先生は、塗り薬とフードだけで
ステロイドはもちろん抗生剤も出してくれないので、
そう言われてもどうしましょう?って感じで。
そのことを言っても
"先生によって考え方も違うので・・”と言うだけでした。

院長先生も、手術の際、足を刈ったらすごく湿疹が出ていたのに
麻酔で、すーっとひいた、っていうこともY先生に言ってくれたのですが
”それは、消毒薬のアレルギーだと思いますよ”とばっさり・・・。

※おかげで(?)院長先生、関節液抜くのに針を刺す前に足を消毒しながら
 ”これ(消毒薬)でまた湿疹出てしまうかも知れへんけど・・・”って
 空に小声で言いながら針を刺していました・・・。

ステロイドが悪い、絶対使いたくない!!って言いたいわけではありません。
今みたいにすごくかゆがっていれば、少し飲ませてやれれば、って思ったのも事実です。
ただ・・・その、”ずっと飲ませ続ける”っていうのに抵抗があるんです。
でも、そうでなければ空がつらいのなら・・・。
空がかゆさに苦しまなくて済むためには、副作用のリスクと隣り合わせ・・・?って思うと悲しくなります。

”こういう子は、完全に治ることはないですから・・・”

正しいことをおっしゃっているのはわかっています。
でも、お医者さんは理数系がお得意なのでしょうけど
言葉の使い方ももう少し勉強していただけたらな・・・って思いましたけど・・・。

同じ内容を告げるにも、ものの言い方ひとつで受け止める方の気持ちもかわるでしょうに・・・。

もし、この病院が近くても、行かないでしょうね、私。(キッパリ)
ま、遠いんですけど。

院長先生は話を聞きながら考えている様子でした。
そして、

空の関節液がたまったことは(術前)、
外れた状態で、ゴリゴリと傷がつくほどこすったことが原因であるだろうけど
アレルギーのように、免疫の問題が空にあるとすれば
そのゴリゴリがきっかけになってしまって、自分で自分の細胞を攻撃している可能性もなくはない、と・・・。
(この辺のことは、ホリスティックカウンセラーの教科書でも自分なりに学んだので理解できました)
なので、無色じゃない関節液が術後もたまることも、
そういうことが理由のひとつかもしれないので
とにかく検査結果を待ちましょう、とのことでした。

靭帯を切ってしまう子の中に、こういう自己免疫疾患があって、
切れた靭帯を調べると、そういう(攻撃をうけたとわかる物質がびっしりついていたり)ことがわかる場合もあって・・・
自分で自分の靭帯を攻撃して切ってしまう・・・
ただ、そういう場合も、切れてしまわないとわからないのが難点で・・・
そういうことになってほしくはないんですが・・・と・・・。

とにかく、月曜日の抜糸のときにまた診てもらうことになっています。
今回は、次回の診察が近いので、まだ安心ですが
今後が・・・不安がないと言えば嘘になります。

それで、ステロイドの件ですが
院長先生もしばらく考えてくれてたようで
しばらくは足のこともあるので、当分通うことになるようだし
とりあえず、私も月一ぐらいでは診て欲しいので
ステロイドを、この病院で処方してもらい、検査などもこちらでしてもらう、ということになりました。
地元の今、ついている病院には言いにくいし・・・
かといって、こちらの病院は遠いし・・・
どうしたもんでしょうね。

きのうも書いたけど・・・
本当に・・・特別なことは望んでないんです。
ただ、ふつうにお散歩ができて
おいしくごはんが食べられて
かゆみで眠れないような夜がなければ・・・。

最初なので、ステロイド少し多めになりますけど・・・ということで
昨日処方されたのは
朝、晩1日2回、抗生物質3錠+ステロイド3錠を1週間です。

晩ごはんのあと、久しぶりにステロイドを飲んで・・・さっそく多飲多尿は夜から始りましたが
かゆがることもなく、すやすや眠っている空を見ていたら
なんだか涙が流れました。
薬をのまなければ、空にとってはこんなことさえあたりまえじゃないのかな、って・・・・。

そして、いろいろ考えました。

先生がおっしゃるとおり、最終的にはぐっと量もおさえられるようになるかもしれません。
それでも、ずっと・・・かも。
飲まないに比べたら、少しではあっても、そして検査はしていても
なにか影響があるかもしれません。
それでも、空のこれからの一生を考えたら
ずーっとずーっとかゆみに耐えなければならないぐらいなら
飲ませて、快適に過ごせるのなら、その方が空は幸せかもしれない。
だから、まだ今の時点で決めつけることはできないけど
今回の関節液の検査の結果次第では、そういう体質で、そういう薬が必要なのであれば
受け入れよう・・・って思いました。

今の私の望むこと・・・。

空の足が治って・・・走れなくてもいいです。ジャンプもできなくていいです。
ただ、ふつうに歩けたらいいです。
そうやって、普通に歩けるようになったら
お店に連れてきて、1日一緒にいられるようにします。
じぃちゃんもばぁちゃんも、ほんとうに大事にしてくれて、かわいがってくれてるのに
空は私の帰ってくることだけを必死で待っています。
だから、そばでいてあげられたら、それだけでストレスも全然違ってくると思うんです。
そして、朝も晩も、こないだのように1時間ぐらい一緒に歩いて・・・。
もう少しダイエットが必要だから、もうしばらくフードでカロリーコントロールするけど
30kg程度になったら、1食は手作りご飯に戻すつもりです。
もちろん、体重管理は必要です。
フードも嫌いではありませんが、
手作りごはんも大好きな子です。
"今日は何かな?”っていう楽しみも与えてあげたいんです。
たまにはおやつだって・・・きゅうりやキャベツや氷じゃないおやつを・・・楽しみにしてあげたいんです。
そして、ドッグランに行って、いつもご一緒してくれる、お姉ちゃんやお兄ちゃんと
空なりにノーリードでゆっくり土や芝生の感触を楽しめて
たまに家族で一緒に近くにお泊りでもできたら・・・。
そして、夜はかゆみで苦しむことなく、ぐっすり眠れたら・・・。

それぐらいでいいんです。
特別なことはなくっても・・・。
空が"楽しみ”って思えることがいくつかあれば。
今みたいに、ごはんも、おやつも、散歩も、かゆいのも・・・
何もかも我慢我慢の毎日から、空を解放してあげたいです。

そしたら・・・もしもステロイドをずぅっとのむことになって
そして、もしも、そのことで副作用ではないかと思うようなことがあったとしても・・・

空が自分の一生を、そう悪くなかったな、って思ってくれたらいいなって。
まだ1歳の空に、そんなことまで考えすぎ、って思われるでしょうけど
まだ1歳だからこそ、思うことでもあります。

空と一緒に暮らすまで、
ワンコは散歩が好きで、家族と遊ぶのが大好きで
お昼寝してごはん食べて・・・
そんな毎日が当たり前だと思っていました。

前の子も、18歳まで生きてくれて、最後半年は休暇をとって介護したけど
それは、長生きしてくれたおかげなだけであって。

だから、こんなに生後2か月ぐらいからずっと病院に通うことばかり、
薬ばっかり飲まされて、あげくに脱臼で手術まで・・・
無知な私には、思ってもなかったことでした。

それでも今、やっぱりうちの子は空でよかった、って思います。
かゆいのひとつとっても、治してあげられなかったりで
悩んだり、へこんだりすることもいっぱいあるけど
それでも、空がいてくれるだけで
空を見ているだけで
私は、本当に自分が幸せだなぁって思います。

私は私のできる限り、空を幸せにしてあげられるように頑張ります。
ブログでは弱音も吐きまくってますが
空の前では、いつも明るく笑っていてあげられるよう、頑張ります。

いつか、”あの、脱臼したころはつらかったなぁ”と笑って思い出せる日がくるはずです!




ステロイドを飲んでるせいで
ダイエットが辛く、野生化している空に
応援クリック ↓ お願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-06-16 17:08 |