空、カイカイの診察へ

月曜日、尼崎の病院に行ってきました~。
カイカイに悩む空。

今まで、何人かの先生に診ていただいたけど
何が原因でかゆいのかわからない。
なのに、ステロイドを飲まされ続けることにはどうしても抵抗があって・・・

空の第2の母、Nさん(勝手に決めています、ご本人の許可なし!・笑)に教えていただきました♪
おともだちわんこちゃんの皮膚が改善されたそうです。

基本、手作り食で、なるべく薬に頼らない、という
聞いただけで、私はすごく興味を持ちました。
空には、もうこれぐらい荒療治??とも言える治療をしてくれる病院が良いのでは?
とのアドバイスでした。
HPを教えてくださったのでさっそく調べてみて・・・

退院して、足が落ち着いたら
絶対にこの病院に行ってみよう!と決めていました。

そして、待ちに待った月曜日。
予約していた15時からの診察。

先生は、最初からあまり物を言わないタイプ?
ひたすら空の顔、耳、胸・・・と全身、ものすごくこまかく写真を撮っていました。
私が“今までああで、こうで・・・”と一生懸命話しているのに
聞いているんだかいないんだか(笑)

空は・・・病院に入ったときからピーピー鳴いていて
暴れようとするけど、床がつるつるで・・・
あまりにも足が滑りまくるので、滑るの厳禁な足なのに・・・と
それが気が気でありませんでしたので
写真を撮り終わったところで、空は車の中で待たせてもらう許可をもらい
検査のため、おなかの毛を少し刈って、ばあちゃんと車で待機してもらうことに。

この病院は、まずは今の皮膚の状態をくわしく診察、問題があればまずはそれを改善。
その上で、まだかゆみなどに変化なければそれからアレルギー検査等で原因を探る、というものらしいです。

空が受けたのは、セロテープ検査(先生が皮膚の表面を、セロテープでぺたぺたと)
そして、耳かきのようなもので、足の裏などの表面をコリコリこそげとるような検査。
これは今回、おなかをほじほじしてました。
それから、ミネラル検査といって、毛を少し刈って調べることで
体内に何のミネラルが不足しているのか調べるそうです。
これのため、おなかの毛を少し刈りました。
そういや・・・の○ピーが覚醒剤の体内の検査でばれないように髪の毛を染めた、と
当時ワイドショーをにぎわしていましたね。
同じように、ワンコの体の中のことも、毛に何が含まれているか調べられるんですね。

で、調べた結果ですが・・・
今の状態としては、皮膚にとって必要な栄養が不足している、つまり栄養障害。
特に、亜鉛とビタミンA。
そして、ほとんど皮脂が出ていない?皮脂バリアができてない、ということでした。
耳にはマラセチアが増えてしまってる、とのことです。

あ。ちなみに体重は33.5kgで
爪切りに行った時より少し減りました♪

空のような状態の場合、たいてい同じような結果が出ているそうです。
それを、アレルギーとかアトピーと診断、治らないからステロイドで症状を抑える・・・
という処置になることがほとんどだ、と。

空が3月に受けたアレルギー検査の結果を持参していたので見てもらうと
この数字だと、絶対、といっていいほどアレルギーではない。
その3週間前にステロイドを飲んでいたとかやめていたとか関係なく
アレルギーの子は、こんな数値は出ない。
空にアレルギーはない、とほぼ断定できる、とのことでした。

”栄養障害”という言葉・・・私の手作りがいけないのでは・・・とのご意見も
今まで周りからも言われていたのですが、そういうのではありません。
(言い訳じゃないです)
完璧な栄養バランスである、といわれるフードを食べている子でももちろんあることだそうです。

私が考えるに、インスタントやジャンクフードばかり食べていても平気な人は平気です。
でも、そうでない人もいる。
要は、個体差なんだと思います。
完全栄養食品といわれるカロリーメイトだけで、人間がみんな健康でいられるか、と言われれば
答えはノーだと思います。

その辺のことを私がここで書くと、フード否定、との誤解を受けるので避けますが・・・
今までから言ってきましたが、そうではありません。
みなさん!がんばって手作りしましょう!なんてことも思ってません。
その病院のHPを読んでいただけたら、ご理解いただけるかも・・・?

そのうえで、食餌に関してどうするか、というのはそれぞれの選択肢だと思いますし
私は手作り食で空を育てたい、とずっと思ってきましたから
先生の話を聞けて、今まで不安だったこと、疑問だったことが
霧が晴れたようにスッキリして、
安心して空のごはんをつくれるようになりました♪

15時に診察が始まり、私が病院を出たのは16時半でした。
実に1時間半・・・先生はじっくりと話をしてくださいました。

その結果。

空には栄養剤が出されました。
2週間後、もう1度診察とのことで、それまでの分をだしてくれたのですが
受付の台に並べられた量は、まるでお年寄りの薬か!?と(爆)

粉末になったミネラル。
ビタミンA
ビタミンE
Co Q10

かゆみを抑えるためのステロイドはもちろん、
抗生物質もありません。
マラセチアに対しての、抗真菌剤だって、出てません。
山盛りになってはいても、”薬”というものはひとつもないのです。
いままでだったら、同じ山盛りでも
抗生物質とステロイドで袋はパンパン・・・
これを受け取るのがどれだけ憂鬱だったことか・・・

あ、ひとこと付け加えますが、これは空に対しての処置であって
同じような症状だから・・・と大切な我が子にも与えるのはやめて下さいね。
先生もHPにかいてあるのですが
まずは診察を受けること。
それからでないと、飼い主さんの自己判断で同じことをして
大切なわんちゃんが重篤な状態になってはいけないのでご注意ください。

そして、良質の油を与える。
そのままかけるのではなく、食材に吸わせた方が
体内の吸収がよいので、炒める、揚げる、等。
(油の量はほぼ決まってます、太らせないように)
リノール酸が必要だそうで、先生のおすすめは
九鬼産業の白ゴマ油。

・・・近くのスーパーになかったので、さっそくネットで注文。
(有名な白ごま油です)

お肉をしっかり食べさせること、もっとしっかり。
空の場合、1400kcalが標準。
先生としては、カロリーの半分はお肉で、とのお考え。
ただし、総カロリーに必要以上にこだわらないこと。
1400kcalで、太る子もいれば、痩せる子もいる。
それもまた個体差。
あくまで目安として考え、体重をこまめに量って、調整すること。
ただし、肉の量(割合)は減らさない
脂肪でカロリーを稼ぐようなお肉じゃなく、赤身でしっかりタンパク質を摂ること。
炭水化物は極端にいえばなくても良い。
炭水化物を減らし、肉の量を増やし、タンパク質をしっかり摂ることで
かえって、体重は落ちる子が多い。
鶏のササミでいえば1日700gぐらい食べさせれば良い。
しかも、味付けOK.
自分が食べる程度、塩で味付けすれば良い。

へ~~~~???って・・・思いますよね。
でも、私はすごくうれしかったです。

だって、食べるの大好きな空にとって
うれしいごはんになるなぁ、って思って。

手作りに関しては、カルシウムの量、味付け、栄養のバランス、と
不安も疑問もいっぱいありました。

先代犬は、まったくフードをあげず、でも大した病気もせず18歳まで元気でした。

空のこともそうしたいと思ったけど
”雑種は丈夫だから”
”犬は人の4倍もカルシウムが必要”
”でも大型犬の場合は成長期にカルシウムを与え過ぎてはいけない”
とか

体が大きくなって、太らせ過ぎたために
膝蓋骨脱臼をさせた、(フードをあげなくて)栄養が足りなくて
骨が弱かったんじゃないか、との指摘を受けたりと・・・

カイカイと脱臼に悩んでいたうえに
さらに落ち込むようなこともありました・・・

でも、今は空はいろんなものを好きなように
太らせないように気をつけてさえいれば
食べさせてあげて良い、
18歳まで元気だった先代犬が食べていたあなたの(母が作ってましたけど)食事が正解なんですよ、
といってもらえて、とてもうれしかったです。

”これでいいんだろうか?”
”私のごはんのせいで、空は調子が悪いんだろうか?”といった
モヤモヤした気持ちとは、もうおさらばです。

空は、入院中に病院で出されていたz/d ?d/z? どっちか忘れたけど
このごはんが大嫌いで、空としてはありえない”残す”ということが毎日だったので
12日の退院以降、手作りに戻してから、すごく”ごはん”を喜んでくれてました。

そのうえ、そのお楽しみのごはんが、
火曜日からはいきなりお肉、ドーーーン!になったし、味も中のお野菜の種類も違うし、で
ますます大喜びしてくれています。

しかも、お肉がいっぱい、ということで
いきなりめちゃ元気!
(気のせいではなく)
散歩のときの勢いが違います。
苦手な溝の上の金網のようなふた(なんちゅう表現)も
ひょいっ!と飛び越えて、私をビックリさせました。

少なくとも、食事の面では、空のQOLはあがりました。
空の”うれしいこと”をひとつでも増やせてあげて、私も嬉しいです。

皮膚は治るまで時間もかかりますが、少しずつでもましになってくれたらいいなぁ、と思います。

栄養について、手作り食について、
もっと書きたいこともあるのですが
またおいおいに書いていきます。
なんたって、1時間半のお話でしたから。

興味がある方は、病院のHPをご覧くださいね。
かなり読み応えのある、そして、常識を覆すような??お話がくわしく書かれています。

今回お世話になった、あい動物病院
病院名をクリックしていただければ、飛んで行けます(笑)
でも、先生も書いてらっしゃいますよ、
自己判断で、ここに書いてあることを実践しないこと、まずは診察を受けること、ってね。
しつこいようですが、くれぐれもご注意を。

私自身は、本当に行って良かった~って心から思いました。
Nさん・・・本当にありがとうございました。

今回、Nさんはもちろん、皆さんにすごく心配していただいてたにもかかわらず
アップするのが遅くなってごめんなさい!

母は・・・またしても仕事の鬼と化しております。
皆様のブログ・・。ポチ逃げしておりますこと、お許しくださいませね!




お肉たっぷりになったはいいが
つまりはエンゲル係数の増加で
ますます仕事に励む母に
応援のクリック ↓ いただけると嬉しいです♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-09-08 18:05 |