3か月検診の結果は、すこぶる良好♪

3か月検診の結果のご報告を!と思いながら・・・
バタバタしておりました。

遅くなりましたが・・・

もう、何の問題もない!!大丈夫!!って、先生からの太鼓判をいただきました~♪

前回、”完治”のお言葉はいただけたのですが
先生からの太鼓判は、3つでも4つでも欲しいものです。

診察室に入ると
”どれどれ~??” って先生が寄ってきてくれて
空の足のそばにしゃがみこんで調べてくれました。

こちらの先生は、良い意味での、ちょっと近づきにくいオーラを感じる先生だと思っていましたが
このときはとってもフレンドリーに接してくださいました。

”うんうん!膝の骨もきちんと真ん中に乗ってるし!
 うん!いいですね~!” って

先生・・・・・
あの・・・・誠に申し訳ですが・・・

”先生・・・えっと・・・それ・・・左足・・・です・・・” って・・・。

”んんんっ!??  ほんまや!!!” って
おちゃめな先生や~♪

3か月たって、毛も生えそろってきたし、歩き方もずいぶん普通ですもんね。
先生が間違えるぐらいなら、かえってうれしいってもんです!(笑)

再度、右足をさわって ”うん!いい、いい! レントゲン撮りましょう、1枚だけ” ということになりました。

この日の空、よほど前回の強制送還の記憶が鮮明だったのか?
またほおって行かれると思って、暴れる暴れる。
看護師さんに “今日は入院ないから! 落ち着いて~!” って言われながら
連れていかれました。

その結果もすこぶる良く、骨もきちんとくっついてるし、膝の骨もちゃんとあるべきところにあって
筋肉もきちんとついている、と言っていただけました。
あとは、もうピンの必要性がないので、抜くなら抜いてもいい、とのことでした。

膝の下をさわると、ポコっと小さな突起があって気になっていたのですが
それが、ピンの先なのだそうです。

大型犬なので、抜いた方がいいかもしれないけど
また手術で切って、抜いて、ってなるのでそのままでもいいし・・・と。

もう少し考えようと思います。

先生は、高松の先生にもすでに連絡してくれてるそうで
空がもしそちらに行けば、ピンを抜く手術をしてあげてくれ、と了解も得てくださったそうです。
もちろん、僕がするのでもOKですよ、と言ってくれてるので
(行くのが遠くて大変だろう?といつも言ってくれるので)
もし、抜くとしたら、やはりこの先生にお願いするつもりです。

もう何をしても良い。
ドッグランも。
ほかの子(あいちゃん、翼)と生活するのも。
その子たちとワンプロするのも。
足をすべらせないように、とか
体重管理とかなど
普通に足に対して、注意する点だけに気をつければいいだけ。

うれしかったです。ほんとうにうれしかった・・・・。

うれし過ぎて・・・帰りに高速の乗り口、3つも4つも見逃してしまい、
えんえんと一般道を走ってしまいました。

空のことを温かい目で見守ってくださった皆様に
改めて、心よりお礼申し上げます。

本当にありがとうございました!!

3月5日に脱臼と分かってから・・・
本当につらい毎日でした。
それでも何とかこうしてここまで来れたのは
皆様の応援、励まし、アドバイスのおかげです。
ことばに言い表せない感謝の気持ちでいっぱいです。
これからも、私の大切な宝物を愛して愛して愛し抜きたいと思います。

この日、帰ってからの散歩は
いつも以上に感慨深いものがありました。

私を見上げながら、一緒に歩く
金色のこのふわふわとのかけがえのない時間。
1日の内、一緒にいられる時間は少ないけれど
ひたすら私を待ち続けてくれて
こうして毎日散歩を楽しみ、一緒に眠る・・・。
空が脱臼してから私が何よりも望んだ
“普通の日常を空と”という願いを
空は毎日叶えてくれます。

ありがとう、空。

そして、最後になりましたが
空の脚を元通り・・・ううん、もしかしたら弱かったかもしれない元の脚よりも
丈夫な脚にしてくださった
ファーブル動物医療センター 整形外科院長の山口先生
そして、看護師の皆さん・・・

それから、私が手術に踏み切ることができたのも
先生が大丈夫、と紹介してくださったから、転院するのがこわくなかったのも
最初に手術してくださったA先生のおかげ。

心より感謝いたします。




元気になりすぎて
毎日、夕方の1時間の散歩を
ヒーヒー言いながら頑張ってくれてる
じいちゃんばあちゃんに
”がんばれ!!”の応援クリック ↓ いただけるとうれしいです♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-10-18 18:37 | 空とかーさん