空の様子は・・・・・・?

今朝、病院に、空の様子を聞きたいな、って思って
電話してみました。

きのうは病院、お休みだったし・・・。

院長先生ではない先生が、話して下さいました。

お利口さんにできているようです。

家では、っていうか家で私もいるときには
とんでもなく暴れん坊でいたずらっ子の空ですが

外ヅラはとってもいいんで・・・・・・・・(汗)
クールにふるまう、ええかっこしぃなんで・・・・・・・・・・・・・・(汗汗)

きっと、おとなしい良い子だ、と思われているに違いありません。
(すでに親ばか発言炸裂です)

ごはんもしっかり食べているとのことで・・・・
さすが、我が息子。
食べさせてくれてる、ってことは、下痢もしてない、ってことでしょう。

ケージ内のシートでは、おしっこできてないので(汗)って・・・
部屋の中でしょうけど、歩かせてくれてるようです。

”足はまだちょっと、痛そうですけど・・・
(足を)着いて歩けてる時もあります” とのことでした。

痛いのか・・・そりゃ痛いだろうなぁ・・・。

一応の退院予定は、水曜ですけど
空の具合を見て、院長先生が決めてくださるとのことです。

それに、どう調整をつけようにも、水曜日は迎えに行けません・・・。

ほかの曜日もご予約は入っているけど
水曜以外の日のご予約は、無理を言えば、私じゃなくてもさせていただけそうで・・・(汗)

私の希望は、木・金で
院長先生が病院に出ておられるのは、月・火・水。
でも、来週の月曜まで待つとしたら、水曜は皮膚の先生が来られる日だし・・・

ひょっとしたら、来週の水曜日まで入院!?

・・・・・・・・・・・とかなっちゃうかなぁ・・とちょっぴり不安なかーさんです。





いったい、いつになったら写真をアップする気だろう?
・・・・・って、自分でも思ってるかーさんに
応援クリック ↓ お願いします♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-06-06 13:46 |

空の手術の詳細

空の手術の件では、皆様にご心配をおかけしました。

あたたかい励ましのコメント、そしてメールをいただき
心から感謝しております。

ありがとうございました。

昨日は、携帯から状況のみのアップでしたので
今日はきちんと、私の文章力で書けるところまで
書いておきたいと思います。



先日も書いたように、空の膝のお皿は、もう全くと言っていいほど入っていなく
手術の日を待ちわびました。

先日、モコお母さんが、スマイル君の手術にあたって
スマイル君にきちんとお話をされていて
なるほど~、と思いましたので
私も見習って、手術の前夜、金曜の夜に
空をなでながら
そして、空の顔を見ながら、お話しました。

日帰りの予定ではあるけれど、もしかしたら入院になるかもしれないこと。
痛かったり、さびしかったら、我慢するだけじゃなくて
誰かがそばに来てくれたときに、きちんと訴えること。
寂しい、って思っても、とーさんとかーさんは必ず迎えに行くから
信じて待っていること。
すぐに肉球の間をなめてばかりいるけど、止めてくれる人がいないのだから
なめないように気をつけること。
トイレを我慢しすぎないこと。
ストレスでひどい下痢になったことがあるけど、くよくよ気にし過ぎないこと。
・・・などなど。

最近は、寝入りばなは、ばあちゃんのふとんのところで
ばあちゃんにひっついているくせに、
私のふとんに来て、私にひっついていました。
空なりに、ちゃんとわかってくれたんだ、って思います。

土曜日は、渋滞で動けなかったらいけない、と思って
早めに家を出たら・・・・・かなり早く着き過ぎて(汗)
駐車場で、2時間も待つハメになりました。

でも、かまわないんです。

せまい車の中でしたが
いっぱいいっぱいなでてあげて、お顔を突き合わせてみたり
寝顔を見ているだけで、幸せな気持ちでした。

私が見ても、空の足はもう限界、って思ってたので
もうちょっとで、良くなるんだ、って思ったら嬉しかったです。

院長先生がしっかりと診てくれて
説明がありました。

”今日の予定は、・・・・・・・・・・・・・・・(こないだ説明してもらった部分です)をする予定です。
術後も、歩いたり走ったりするのには、ほとんど困ることはありません。
術後も、痛くはありません。人間でも、痛くありません。
切るとき痛いけど、その時は麻酔かかってますから、大丈夫です。”

”ただ、それでも内側に向く、となったら、いろいろ足していかないといけません。”

”溝が浅いようなら、溝を深く掘らないといけないし
それでもどうも怪しい、と思えば、外れないように土手のようなもの(これは私がそう理解しただけで
先生の言葉そのままではありません)を作らないといけないし
もっとひどい状況なら、うちに向かないように矯正するための金属の棒を、骨に刺して
そして、外側をゴムのようなもので縛って、向きを変えさせます。
・・・が、これは見た目、かなりグロテスクになるんですが・・・おそらくそこまでは必要ないと思うんですが・・・
症状があまりにひどいと、そういうことも必要になってきます。
(いろんな方のブログで、写真がアップされてることもあります)
それと、今触った感じでは、前十字靱帯は切れてないと思うんですが
力が入ってる子の場合、切れていても分かりづらい場合があるので
麻酔をかけてみるとあれ!?ってなって、開けてみたら切れていた、ということもあります。
そうなると、また別の手術も必要になってきます・・・。”

などなど。
(とても詳しく、でもとてもわかりやすい説明でした)

”1番軽い手術で良ければいいな、と思ってますが・・・
重い手術になる可能性もあります。
そうなれば時間もかかります。
そうなっても対応できるよう、十分な時間を僕も取っていますので・・・”

とのことでした。

ここまできたら、もう任せるしかありません。
それに、この先生でもしも万が一ダメだったら、
どの先生にしてもらっても一緒だろう、と腹はくくっていましたので
何も心配はしていませんでした。
ただ、軽い手術で終わってほしい・・・ただそれだけでした。

”それではこれから、麻酔に耐えることができるかどうか
肺や心臓のレントゲンをもう1度撮らせてもらって
血液検査もして、手術に入ります。
空ちゃんはこちらでお預かりしますね。”

そしたら、あの怖がりの空が・・・
場所見知りで人見知りで犬見知り、三重苦の、ヘレンケラーのような空が
先生にリードをひいてもらってさっさと歩いて行きました・・・。
空、すごいじゃないの・・・と、ちょっと感動してしまいました。

よほど、ゆうべの話を理解できたのか
先生の優しさいっぱいのオーラに何の不安もなくしたか・・・

果たしてこの勝負、母の勝利なのか、院長先生の勝利なのか・・・。

おかげで後ろ髪をひかれる思いなどまったくなく
とーさんと久しぶりに大阪の街を歩きました。
1時間ほどで呼ばれるかな?って思ってたので近場をウロウロしただけですが・・・。

空を迎えるまでは、もともと2人とも大阪出身なもんで
しょっちゅう遊びに行っていたのですが(車では行きません)
この1年余り、まったくなかったので久しぶりでした。

それでも、ご飯を食べ、お茶を飲んでいても
やっぱり落ち着かないので
駐車場に戻って、車の中で待っていよう、ということになりました。

空を預けてから1時間ちょっとたっていたし・・・。

で、戻っている途中で電話が鳴り、お迎えか♪って喜んでたら

”ちょっと・・・重い手術になりますので・・・院長がもう1時間・・・2時間ぐらいかかるかも、とのことです”と・・・。

あぁ・・・やっぱり溝を掘るくらいは必要だったのか・・・ってちょっとガックリきたけど
でも、この際、きっちり治してくれるんだから、とそれはそれで良かった、と思えました。

で、待つこと1時間・・・・2時間・・・・。
溝を深くする手術をするとしても、1時間ぐらい、と聞いていたので
一体どうなってるんだろう・・・何か起こってるんだろうか・・・・って
生きた心地がしませんでした。

整形の手術としての心配はまったくありませんでしたが
麻酔とか、なにかほかの問題が起こっていたらどうしよう・・・って。
怖くなって、少し泣いてしまいましたが
空は今も頑張っているんだ!って思うと、私が泣いてる場合じゃない!って思いなおしました。

きっと私の思いは空に通じてるはず・・・
私が泣いてたら、不安に思ってたら
空にそれが伝わってしまいます・・・
空、ガンバレ!!かーさんがついてるよ!!
とーさんとかーさんがお外で待ってるからね!!っていっぱい念じました。

しばらくして先生から電話があり
”そろそろ来てくださいね” と言われて、ほっとしました。

先生は開口一番
”手術は無事終わりました。うまくいってます。”
ほっとしました。
やっと、深い呼吸ができました。

”今、麻酔からさめかけてて、伏せをしたまま顔をゆっくりと、きょろきょろうごかしてます。
空ちゃんに顔を見せてあげますか?” って聞かれました。

きっと私たちをさがしてるんだろうな・・・って思ったけど
ほんとは会ってあげたほうがいいのかもしれないけど・・・

とーさんや私が帰ったときの喜んでの暴れようを思うと
術後、無理して動いてもいけないと思ったし
何より私が泣いてしまいそうで・・・
そしたらきっと入院間違いないのに、空が不安になってしまう・・・って思って
会わないことにしました。

薄情、って思われるかもしれないけど・・・。

先生もうなずいて、そして笑って
”顔見て喜んで、予想以上に動いて、足をぐじっとやられたら困るんで・・・
そんなことはないはずですけど。
(会わなくて)構わないんだったら顔見せなくていいですよ”って言ってくれました。

そして、手術の説明を受けました。

まず、先生が思っていたことをやってくれたそうです。
でも、それだけでは空の足はやはり内側に向いてしまったのだそうです。

そこで、ひざの骨の部分を、開けることになりました。
そしたら、黄色い関節液が、ぶわっとあふれでたそうです・・・。
関節液は透明なんだそうですけど
黄色かった、って・・たまりかけ始めたところだったかもしれないけど・・・・って。

”本人は、かなり痛かったと思います・・・” と・・・。

”こないだ診たときに、関節炎がこんなにすすんでる、って思わなかったんで驚いたんですけど・・・”、って。
ここ何日か外れっぱなしの状態で歩いていたのが悪かったんだと思いました。
本当に限界だったんだな、と・・・。

”外れてる状態で動くから、内側の広い所の表面が、内側に滑り落ちた膝のお皿でこすられて
月面のクレーターのようにぼこぼこに傷ついていました。
写真撮ってあるんですが・・・見ますか?" と先生。

ぶんぶんぶん!と首を横に振る私たち。

”ただ、お皿がきちんとあるべき場所に戻れば、この部分に用はないので
表面をきれいにする必要はないから、これを削ったり、きれいにやすりをかけるようなことはしません。
必要ないことで、骨をさわりたくないので” とのことでした。
表面が傷つくほどごリゴリこすって、
で、炎症も起こして痛かったんでしょうね・・・
本当にかわいそうなことをしました・・・。

”で、次に溝のことなんですが、深さは十分ありました。
なので溝を深くする手術はしていません。
その溝の上をすべるお皿の裏側の部分、この軟骨が傷ついていたらやっかいやな、と・・・。
今の医学の技術では、軟骨の部分っていうのはまだやっかいなことが多いんです。
なのでどうかな・・・ってそおっと裏側をのぞいてみたら・・・
ここは全然問題なくきれいだったんで、よかったです。”
と言われ、ほっとしました。

”そしたら何で内側に落ちるんや、ということになるんですけど
外れてる時間がやはりだいぶ長くなってたんで、
内側に引っ張るように筋肉や関節ほうが縮んだりということが見られました。
あるべき場所にお皿を乗せると、内側は短くて突っ張るし、外側は伸びている?ので余ります。(関節ほうが)
なので、そのあまった部分・・・これぐらいです(と、手で大きさを)を切除して・・・大型犬なので切り取るのも大変でしたけど・・・その切り取った部分を、今度は短くなって突っ張ってしまう部分、これも内側に滑りやすくなる原因になるので、そこにさっきの切り取った部分がサイズもピッタリなので(私はこの言い方にちょっとわらってしまいました)土手のようになるように移植しました。
なので、今回、骨はどこも削ったり掘ったりしていません。
その後、足の曲げ伸ばしもやってみましたが、スムーズに動いています。”

とのことでした。

”関節炎を起こすと、そうやって関節液をきれいに取り除くと反抗するんか
またたまってきたりする性質があるので・・・ちょっと・・・入院してもらいたいんですが・・・。”
とおっしゃるので、もちろん、何の反対をすることもなく、お願いすることにしました。

”一応、水曜に退院の予定ですが、様子を見て、連絡します” とのことでした。

私以上に涙もろいとーさんが
涙もこぼさず、必死で歯をくいしばって、先生の話を聞いていました。
そして、最敬礼でお礼を言っていました。

脱臼は再発も多い、と聞きます。
もう2度と外れないでくれればいいのですが・・・。

まだリハビリのことは聞いていないのですが

これからが大切なんでしょうね。

しっかりリハビリして、
とにかく体重を落として
そして、筋肉をつける・・・。

退院の時に、空の足の状態はどうなのか
地面に足をつくことはできるのかどうか・・・
きちんと歩けるのはいつ頃からなのか・・・
今はまだ分かりませんけど、空と一緒に頑張りたいと思います。

”それと・・・" と先生。
”この子、足の毛を剃って驚いたんですけど
かなり湿疹が出てますね" と。

最近、背中とか腕とか脇とか・・・
赤みのあまりないぽつぽつがたくさん出てるのは知っていました。
カユカユもかなりのものです。

”その湿疹が、不思議なことに麻酔をかけてしばらくしたら・・・麻酔をかけるとみんなリラックス(?)した状態になるんですが、そしたらその湿疹がすーっと消えていったんです・・・" と。

精神的なストレスで出るんじゃないかと思うんです、と先生に言ってみました。

お客さまで、お子さんがアトピーを持っていたりする方に良く言われるのですが
"空ちゃん、ここ(お店)に一緒に連れてきたら、かゆいのなくなるんじゃない?”って。

大人になってる息子さんとかでも、職場で何かあったり、仕事上でストレスを感じると
夜中にかなりバリバリとかゆがっている、とお嫁さんが言う、とおっしゃる方もいらっしゃいました。

空は、昼間じいちゃんばぁちゃんがかわいがってくれているのに
分離不安なところがあって・・・それがかゆみにつながっているのかもしれません。

というのも、前回、つまり30日の月曜日に、病院に連れて行ったとき
診察を待っている間にとーさんが
"空の背中からすごいフケがでてるやないか”と言われたのです。
前日まで、まったくなかったことなんです。
背中を撫でてると、どんどんフケが浮いてきて・・・
"お前の洗い方が悪いんでない?”って言われました。
でも、それから帰って次の日からは、また何ともなかったんです。
(シャンプー直後ではありませんでした)
そして、今回、もし手術したらしばらく洗えないだろうし
お風呂好きの空には辛いかな?と思って先日の夜に洗いました。
といっても、こないだのことがあるので、お湯洗いのみです。
で、きちんと乾かして・・・・

運転はとーさんなので、私はずっと空に話かけたり
空をなでたりしていました。
病院について、時間を待っていると・・・もうちょっとだなぁって思ったころに・・・
またしても背中からフケがぶわーっと浮いてきたのです・・・。
えぇ!?って思って、ストレスのせい??って思ったので
先生からその湿疹の話をされて、言ってみました。

”とにかく、15日の皮膚に強い先生に診てもらいましょう。
ただ、かなり皮膚が敏感で、弱いなぁ、って思います・・・" とおっしゃっていました。
ふけに関しては、私の目が行きとどいていないだけなのかもしれませんが・・・

麻酔で湿疹がすうっと消えて行った、というのが不思議でなりません・・・。

15日に何らかの展開があればいいな・・・・。

今は傷跡をなめないように、エリザベスカラーをつけられているそうです。
手足もなめなくていいけど・・・かゆいの辛いから、発狂しなければいいけど・・・(汗)

今日は病院もお休みなので
明日は電話して、空の様子を聞いてみようと思っています。

休みなので会いに行くこともできるけど・・・
きっとかえって、空の場合はよくない気がします。

空が帰ってきてからのことを考え、玄関や部屋も変えないといけないことも、たくさんあります。

今はとにかく・・・早く空に会いたいです。
思いが通じると信じて・・・心の中で空に話しかけています。

どうかどうか・・・不安になったりせずに、お利口さんでいてくれてますように・・・。




ひとりぼっちで頑張ってる空に
応援クリック ↓ してくださるとうれしいです♪
にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-06-05 18:32 | 空ととーさんとかーさん

無事、終わりました!!

少し前になりますが、5時半ぐらいに終わりました、との連絡があり、先生のお話を聞きました。
無事、手術も終わり、麻酔からもさめかけ、キョロキョロしているそうです。
詳細はまた後日アップします。
水曜までの入院となりました。
みなさまからの励ましのコメントが、本当に本当にうれしく…ありがとうございました!!
いただいたコメントのお返事、メールのお返事、もう少しお待ちくださいね。
これより四国に帰ります。
[PR]

by rutie0711 | 2011-06-04 19:04 | 空ととーさんとかーさん

中間報告です

できるだけ、軽い手術ですませるつもりだけど、
状態によっては、重い手術になる場合もあります。
時間は十分とってあります、と最初に先生からお話がありました。

先ほど、そうなったので、あと1~2時間かかるかも知れない、と連絡がありました。

手術の段階の説明は受けています。

空は、どの程度までの手術になるのかな…。

入院しなくちゃいけない…んだろうな…。

とにかく、無事に終わってほしいです。
[PR]

by rutie0711 | 2011-06-04 15:29 | 空ととーさんとかーさん

行ってきます!!

今、瀬戸大橋を走っています。
空だけじゃなく、私の心配までしてくださって、ありがとうございます。

いただいたコメントのお返事が、遅くなりますが、
良いご報告も一緒にできることを信じて…

行ってきます!!
[PR]

by rutie0711 | 2011-06-04 08:21 | 空ととーさんとかーさん

明日はとうとう・・・

いよいよ明日に迫りました。

手術は13時からです。

先生に対しては、絶対的に信頼しています。

でも・・・不安な気持ちも顔をのぞかせてきました・・・。

ETC割引も、もうすぐ廃止になる週末だから
道路が混むかな、とか遅刻しないかな、とか

そんなつまらない心配にすりかえようとしている自分がわかります・・・。

まだ、仕事中です。

だから、少しだけ・・・弱音を吐かせてください。

笑って帰ります。
空を不安にさせないよう、
私のこんな気持ちを、空に感じさせないよう、
気持ちも切り換えて帰ります。

"手術の日までも、これまで通り、なるべく外れていないように
気をつけておいてくださいね”って先生には言われたけど

今日まで、入っているときがほとんどありません。

それでも空は、自分で入れようとしていました。

明日、手術を終えたら・・・外れなくなるのかな・・・?

そのための手術なのに、そんなふうに思ってしまいます。

短い時間で終わる手術だから、空、頑張ろうね。

かーさんも、この記事をアップしたら、元気になる、って約束するからね。



帰ったら、笑顔で空を思いっきりハグしてあげよう。

にほんブログ村 犬ブログ ゴールデンレトリバーへ
にほんブログ村
[PR]

by rutie0711 | 2011-06-03 19:20